CT

CT(Computed Tomography)

CTのイメージ写真

日本語ではコンピュータ断層撮影装置と呼ばれるものです。
X線を用いて人体の輪切り(横断像)の画像を作る装置です。
検査の際は被検者(患者様)が検査台に寝た状態となって筒状の機器に入ります。
その筒の中に入っている間にX線が様々な方向から患者様の体を通過(撮影)していくわけですが、それにより得られたデータは、装置内のコンピュータで画像処理がなされ、身体の断層画像がみられるようになるというものです。
レントゲン撮影では、判別しにくい体内の様子なども確認することができるので、診断精度がより上がります。
体内の臓器の状況・状態を見極める際にとくに大きな力を発揮します。
CT検査には2つの撮影方法があり、造影剤を使わない単純CT撮影と、造影剤を使用する造影CT撮影があります。

当院では単純CT撮影を導入しています。
早期肺がん、肺気腫、肺炎、くも膜下出血、脳出血、蓄膿症(副鼻腔炎)、胆嚢炎、膵炎、大腸がんといった頭部・胸部・腹部・骨盤部の疾患の早期発見に、CT検査は大きく役立ちます。

のざきはちまん前内科 内科、呼吸器内科、アレルギー科

〒181-0014 東京都三鷹市野崎1-22-8
レヴァンティア1F 0422-48-3735

土曜日のみ8:30~13:00
休診日:水曜、土曜午後、日曜、祝日
院内感染伝播対策としてインフル・コロナ外来を設けております。
詳細は「2020年10月19日のお知らせ」をご覧ください。
通常外来受診の方は、この時間帯を避けて受診をお願いします。
  日祝
9:30~13:00
15:30~18:30
案内図
Access
  • JR中央本線 武蔵境より小田急バス(境92)11分 野崎下車徒歩2分
  • JR中央本線 三鷹より小田急バス(鷹52)10分 野崎下車徒歩2分
  • 京王電鉄京王線 調布より小田急バス(鷹56)17分 野崎下車徒歩2分