花粉症

花粉症とは

花粉症のイメージ写真

花粉症はアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の一種であり、植物の花粉がアレルゲン(抗原)となって、目のかゆみ・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
原因となる花粉は、スギやヒノキがよく知られていますが、他にもシラカンバ、ハンノキ、イネ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなども挙げられます。
なお、花粉はハウスダストなどが原因の通年性とは異なり、一年中飛散しているわけではないため、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

花粉症の症状

主な症状は、目のかゆみや鼻水・鼻づまりですが、他にも、咳、喉・皮膚のかゆみが出て来たり、ひどい場合には頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感なども見受けられます。

花粉症と診断されたら、諸症状を軽減させる効果のある抗アレルギー薬を服用します。
なお、鼻づまりの症状が強い場合は、内服薬に加えて局所ステロイドの点鼻薬も併用します。
有効な花粉症対策は、花粉が飛散し始める1~2週間前より抗アレルギー薬を飲み始めておくことです。

もどる