高山病

高山病

  • 高度2000m以上での酸素不足が招く諸種トラブルの総称です。
  • 特に、2700m以上を急激に登った/ヘリ等で上昇した場合には発生しやすいです。
  • 1200~1800mの高度でも発症します。
  • 登山目的以外でも発症する可能性はあります。
    (例) 車両等での高地への移動や、高地にある空港への到着など

症状

1. 山酔い

初期〜中等症の状態。頭痛・倦怠感・めまい・吐き気・嘔吐・体温上昇・不眠といった症状があります。

2. 高地脳浮腫

山酔いの重症型。意識障害・精神症状・小脳失調が特徴的。脳がむくんでいる状態。やがて昏睡状態から死亡します。

3. 高地肺水腫

咳嗽・呼吸困難・運動能力低下が特徴的。高地脳浮腫と一緒に発生することもあれば、単独で発生することもあります。

予防策

1. 速度

  • 徐々に高度を上げて体を少しづつ慣れさせる。
  • 歩行速度は、低地での1.5倍以上の時間をかけて歩く。

2. 睡眠

  • 高地到着後は、すぐに睡眠を取らず深呼吸などを行う。
  • 登山開始1日目に寝る高度は2500m以下
  • 高度2500n以上の場所では、寝る高度は前日よりも500m以上にしない
  • 睡眠薬は内服しない。

3. 嗜好品

  • 飲酒・喫煙はしない。

4. 水分

  • 水分摂取が肝要。体重50kgの人で1時間で250mlの水を摂取する。

5. 薬

予防薬

  • ダイアモックス
    ・予防薬ではありますが、症状が出てから服用しても早急に改善されます。

治療薬

  • ダイアモックス
  • デカドロン
    ・高山病症状は改善しますが、高地順応効果はありません。服用中のみ症状を抑えます。
    ・高地脳浮腫の際に服用します。
  • アダラート
    ・高地肺水腫の際に服用します。

頭痛薬

  • カロナール

高山病発症した場合 緊急治療薬

  • 最も効果的なのは下山です。が、すぐに下山できない場合もあります。その場合は、それ以上、高度を上げないことが肝要です。
  • 5000m以上の高地に行かれる方や、3500m以上の高地に車両や航空機で行かれる方は持参をお勧めします。
  • 酸素吸入やガモウバックも有効です。


治療薬セット

  • ダイアモックス
  • デカドロン
  • アダラート

※治療薬セットの料金は、お問合せ下さい。
※自費診療扱いとなります。


高山病予防薬 ダイアモックス

ダイアモックス

飲み方

  高地到着前日 当地1日目 当地2日目 当地3日目
  1/2錠 125mg 1/2錠 125mg 1/2錠 125mg 1/2錠 125mg
  1/2錠 125mg 1/2錠 125mg 1/2錠 125mg 1/2錠 125mg

当院では10錠 ¥5,700(診察代込)です。
自費診療扱いとなります。

作用

  • ダイアモックスは緑内障やメニエール病などで使用される薬剤です。
  • 高山病の予防薬・治療薬としても使用されています。
  • 脳の血管を広げ脳血流を増やします。また、呼吸中枢を刺激して呼吸回数を増加させます。
  • これらの作用で脳への酸素供給を増やし、酸素不足を防ぎます。

副作用

  • くちびる・手足への一時的なしびれ感
  • 味覚変化
  • 耳鳴

※この薬は利尿剤なので、尿量は増えます。

服用できない人

硫黄化合物やサルファ剤にアレルギーのある人

効果

通常24〜48時間かかる高所順応を、12〜24時間に短縮する効果があります。