CT

CT(Computed Tomography)

CTのイメージ写真

日本語ではコンピュータ断層撮影装置と呼ばれるものです。
X線を用いて人体の輪切り(横断像)の画像を作る装置です。
検査の際は被検者(患者様)が検査台に寝た状態となって筒状の機器に入ります。
その筒の中に入っている間にX線が様々な方向から患者様の体を通過(撮影)していくわけですが、それにより得られたデータは、装置内のコンピュータで画像処理がなされ、身体の断層画像がみられるようになるというものです。
レントゲン撮影では、判別しにくい体内の様子なども確認することができるので、診断精度がより上がります。
体内の臓器の状況・状態を見極める際にとくに大きな力を発揮します。
CT検査には2つの撮影方法があり、造影剤を使わない単純CT撮影と、造影剤を使用する造影CT撮影があります。

当院では単純CT撮影を導入しています。
早期肺がん、肺気腫、肺炎、くも膜下出血、脳出血、蓄膿症(副鼻腔炎)、胆嚢炎、膵炎、大腸がんといった頭部・胸部・腹部・骨盤部の疾患の早期発見に、CT検査は大きく役立ちます。