予防接種

予防接種(ワクチン)とは

予防接種のイメージ写真

ワクチンは、感染症の原因とされる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりすることでつくられます。
これを体内に注入することで、抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)を作らせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。
そのほかにも、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的で行います。

当院では、成人向けの予防接種として、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンだけではなく、様々なワクチン接種を行うことができます。(申し訳ありませんが、中学生以下の方は小児科へ御受診ください。)

ここでは、インフルエンザワクチンを肺炎球菌ワクチンについて、下記に説明いたします。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザで、同ウイルスに感染すると潜伏期間(1~3日間ほど)を経た後に発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。
このほか、風邪の症状と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状もみられます。
また高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、肺炎を併発するなど、重症化する可能性もあります。

インフルエンザによる重症化を減少させるには、流行前のインフルエンザワクチン接種が最も有効です。
同ワクチンは接種してから効果が出るまでに2週間ほどかかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。
インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行する日本では、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいと思われます。

なおインフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変えるため、異なるタイプが流行します。予防接種は毎年行うようにしてください。

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎とは、細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こしている状態です。
呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合、病気やストレスなどにより免疫力が低下している場合など、感染力が防御力を上回ってしまうと、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染するようになります。
また肺炎は、高齢者の方や基礎疾患を持っている方などにかかりやすく、しかも治りにくいという特徴もあります。

肺炎球菌は、肺炎の原因菌の中で最も多い菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因)であり、同ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化のリスクを減らすといった効果が期待できます。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化にもつながります。
そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

なお、肺炎球菌ワクチンは、65歳以上の方は接種費用の一部が公費助成されます。
対象となる方は毎年異なりますので、お住まいの自治体のホームページ等でご確認ください。
65歳以下の方でも免疫低下がある場合には、肺炎球菌ワクチン接種が強く推奨されます。

※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。